フリーランスJavaプログラマーを目指すなら実務経験を積もう

いきなりフリーランスを目指すのは難しい

いきなりフリーランスを目指すのは難しい

[`evernote` not found]
Pocket

いきなりフリーランスになることをおすすめしない理由

未経験でいきなりフリーランスのJavaプログラマーを目指すのは、避けたほうがいいでしょう。なぜなら、未経験の状態では案件の獲得が非常に厳しいためです。 フリーランスはこれまでの実績や経験で案件を獲得することが多いため、実務経験がないフリーランスは、案件の獲得が難しくなります。選べる案件が少ないうえ、選べたとしても低単価のものが多くなるでしょう。最近、フリーランスになることを想定したプログラミングスクール、フリーランス用エージェントサービスが充実してきました。売り手市場も手伝い、案件は豊富にあると思われる方もいるでしょう。しかし企業が求めるのは、あくまで技術力の高い人です。フリーランスには即戦力性が求められるため、経験やスキルが足りない状態では、フリーランスのJavaプログラマーとして活躍できません。まずは実務経験を積み、それからフリーランスを目指しましょう。

まずは企業で実務経験を積もう

まずは企業に就職し、働きながら実績・経験を積むことをおすすめします。お給料をいただきながら実務経験が積めるだけでなく、先輩プログラマーから指導やアドバイスをしてもらえるためです。収入が安定する正社員での転職が好ましいですが、契約社員やアルバイトでも充分実務経験を積むことができます。未経験OKの企業は、求人のハードルも低く転職しやすいでしょう。企業で働くことは、実務の中で様々な経験やスキルを積めるだけでなく、上司や先輩・取引先などの人脈づくりができるというメリットもあります。勤めていた会社から案件をもらえたり、取引先の企業などから案件をもらえたりすることもあるようです。

実務経験の目安

業界や企業などによって差はありますが、概ね1~2年くらいは正社員(もしくは契約社員・アルバイト)として実務経験を積んでおくとよいでしょう。少なくとも1年以上の実務経験があれば、一通りの知識・経験を身に着けることができます。1年以上の実務経験があれば、フリーランス向けのエージェントに登録できる可能性があります。また、条件のいい案件を獲得しやすくなるなど、フリーランスへの間口も広くなるでしょう。実務経験が多いほど良いというわけではありませんが、フリーランスのJavaプログラマーとして長く活躍したいのであれば、最低でも1年は実務経験を積むことをオススメします。

Pick up
  • いきなりフリーランスを目指すのは難しい
  • 先を見据えた行動を!
  • もはや一般的な働き方
Copyright(C) 2018 Javaプログラマーになろう! All Rights Reserved. PAGE TOP